ホーム エステケア ホームケア お肌について 店舗情報 会社概要 加盟店募集
お肌について
ターンオーバー
洗顔について
化粧水について
ストレスと酵素の関係
セラミドについて
シミについて
皮脂膜について
home > お肌について > 化粧水について
化粧水について

 


<化粧水の使い方>
普段何気なく使っている化粧水。

キレイになるには正しい使い方を意識してお手入れすることが大事。

よかれと思ってしていることが、逆にお肌を傷つけてしまうこともあるのです。
化粧水
コットンでパッティングはNG
よくある使い方ですが、お肌のタイプによっては逆効果です。

お肌がかなり乾燥している方は、バリア機能が弱まっている状態です。

そんな状態でコットンを使用すると、繊維で傷がついたり、刺激になる場合があります。

乾燥したお肌にはダメージが蓄積されます。

赤みがでたり、シミになったりのトラブルが起こりやすくなります。
化粧水塗布に最適なのは「手」
化粧水は、素手でやさしく包み込むようにつけましょう。

この方法が、お肌にとっては最もソフトでなじみやすい方法です。

どんなに優れたものでも、自分の手=自分の肌に敵うものはありません。
化粧水は浴びるように使う!?
よく、化粧水をパシャパシャ使う、とか化粧水はケチらず浴びるように…とか言います。

が、一度に大量に使えばいいというものではありません。

乾燥しているお肌は、水分を吸収する力が衰えている状態です。

そんなときに一度に大量の水を与えても、すべて吸収できません。

それどころか、逆に負担になってしまうのです。
化粧水は少量ずつ、数回に分けて使うべし
化粧水は、少量ずつお肌の様子をみながら、なじませましょう。

一度に大量の水分を吸収させようとせず、数回に分け少量ずつつけましょう。

お肌のもちもち感をしっかり確かめながら、補給しましょう。
とろみの強い化粧水もしっかりつけることを意識して!
とろみの強いタイプの化粧水は、少量で十分だと思いがち。

ですが、お肌の表面は潤っている感じでも、お肌の中まで浸透していません。

インナードライ肌にならないために、お肌がきちんと潤っているか意識してつけましょう。
それでも乾燥がひどいときは
化粧水を塗布しても、いくら頑張ってもお肌が潤っていないとき。

そんな時は「お肌の汚れを落とす」」ことを意識してください。

お肌が乾燥しすぎていたり、古い角質がたまっていると、お肌に水分は浸透しません。

毛穴の奥の汚れまできちんと取り去れば、どんどん水分を吸収していきます。
間違ったお手入れはお肌を傷つけてしまいます。

しかし、正しい化粧品を使って、正しい方法でお手入れすれば、お肌は応えてくれます。

あきらめずにケアしていきましょうね。

 

 

 


 


  ホーム     エステケア     ホームケア     お肌について     店舗情報     会社概要     加盟店募集  
Copyright(c)2017 ハビーナ美肌CLUB, All rights reserved.