ホーム エステケア ホームケア お肌について 店舗情報 会社概要
ホームケア一覧
ホワイトフォーム
ホワイトウォッシュ
ピュアローション-M
ピュアローション-F
ミルキーホワイト
クリームD
セラーナクリーム
ピュアオイル
home > エスティシリーズ > ホワイトウォッシュ
ホワイトウォッシュ

 


ホワイトウォッシュ

ホワイトウォッシュ
クレンジング・洗顔 130g ¥5,500(税別)

<特長>
非常にきめ細かい泡でお肌の老化角質や余分な皮脂などの動物系の汚れをすっきり落とし、サラッと清潔なお肌に整えます。

<使用方法>
1.手の平に約1cm取り、少量の水又はぬるま湯を加えよく泡立てます。
2.手の平全体で軽く伸ばし、泡でつつみ込むように洗います。
3.水又はぬるま湯で髪の生え際からあごまでよくすすいで下さい。

 


 

<正しい洗顔について>
美肌作りは洗顔にはじまり洗顔に終わる
正しい洗顔を知っているのと知らないのとでは、10年後のお肌が変わってきます。

夜、お休み前に毛穴や汗口の中にメイクや皮脂などの汚れが残っているとターンオーバーが遅れてしまいます。

夜のクレンジング・洗顔は、日中のガンコな汚れやメイクを徹底的に落とさなければなりません。

お肌の奥までスッキリきれいであることが、お肌の生まれ変わりの条件なのです。

今現在、お肌のトラブルに悩んでいる方も、正しい洗顔をするだけで、お肌は見違えるように良くなります。

スキンケアの基本の洗顔ですが、意外と間違ったやり方をしている人が多いものです。

明日のお肌のために、正しい方法で洗顔しましょう。
こんな洗顔をしていませんか?
・洗顔をしすぎる 洗顔しすぎに注意
洗顔をしすぎると、お肌に必要な保湿成分まで洗い流してしまいます。

脂っぽくベタつく方も、お肌の中はスカスカ状態。いわゆるインナードライのお肌です。

1日3回以上の洗顔はトラブルのもとになりますので、洗顔しすぎに要注意です。
・シャワーを顔に当てる シャワー
強いシャワーをあてることは、お肌を傷つける原因になります。

必要な皮脂も取れてしまい、乾燥を引き起こします。

お肌は、とっても薄いものです。

シャワーの水圧はお肌にとってかなり強いので、やさしく手で洗い流すのが一番。
・熱いお湯ですすぐ
熱いお湯はお肌を傷つけます。。

お湯の適温は30℃〜34℃くらいで、手で触るとぬるいくらいです。

乾燥肌の方は、少し低めの25℃くらいがいいでしょう。

熱いお湯で洗顔するとお肌を守っているNMFやセラミドを洗い流してしまいます。

守っているものがなくなれば、お肌は異物から攻撃されやすくなり、水分保持能力

も弱くなり、バリア機能が低下している状態になります。

ちょっとぬるいかな?くらいがお肌には適温です。
バリア機能
・必要以上にお肌をこする こすらない
洗顔の際、汚れをしっかりと取りたいためにゴシゴシこすっていませんか?

キメの細かい泡を作って洗顔すれば、力を入れなくても毛穴の中まで洗えます。

ゴシゴシ洗顔は、お肌を傷つけ、シミや毛穴の開き、乾燥などのトラブルになります。
・すすぎが20回以下

やさしく

洗顔の成分がお肌に残り、毛穴に入ってしまうので、20回以下では足りません。

必ず20回以上はすすぎをしましょう。

そして最後はタオルでこすらずに、吸収させるようにやさしく拭き取りましょう。

  



  ホーム     エステケア     ホームケア     お肌について     店舗情報     会社概要  
Copyright(c)2018 ハビーナ美肌CLUB, All rights reserved.