ホーム エステケア ホームケア お肌について 店舗情報 会社概要 加盟店募集
ホームケア一覧
TOP
ウォッシュC.M
ホワイトウォッシュ
エッセンスローション
エッセンス100
ミルク
UVクリーム
ナイトクリーム
ナチュラルオイル
お客様の声
home > エスティシリーズ > エッセンス100
エッセンス100

 

エスティエッセンス100

エスティエッセンス100(美白、たるみ改善、小ジワ改善、保湿、抗炎症)
美容液 20mL ¥4,500(税別)

<特長>
有効成分のほとんどに海洋性マリーンコラーゲンを配合。
まさにコラーゲン濃縮エッセンス呼べるタイプの美容液です。
カンゾウ根エキスやグルタミン酸なども配合していますので、美白・たるみ改善・小ジワ改善・保湿・抗炎症など、オールマイティに対応出来ます。

<使用方法>
化粧水のあと、たっぷりと手のひらに取り、なじませるようにゆっくり丁寧にお
肌に浸透させてください。

 


 

美容液の使い方
美容液は、ほかの化粧品と比べると、お値段はちょっと高めですが、美容成分が濃縮して配合され、様々な効果を

補う高濃度のエッセンスです。

お顔全体はもちろんですが、目もとや口もとなどポイント的に使うだけでも効果は実感できます。

また、いくつかの種類を準備しておいて、乾燥が気になる時、紫外線をたくさん浴びた時、シミが気になる時などと

使い分けると、より効果を発揮します。
美容液を使う前のお肌の準備
まずは、お肌の汚れをしっかりと落としましょう。これは基本です。

そして化粧水ですが、化粧水にはお肌の表面をやわらかくして美容液の有効成分を浸透しやすくする役割があります。

たっぷりの化粧水でお肌にしっかりと潤いを与えましょう。

そして、美容液ですが、適量を手に取り、気になる部分からやさしくつけていきます。

その後、お肌全体に浸透させるように、手のひらで包み込んで押さえてなじませましょう。

また、複数の美容液を同時に使用する場合は、さらっとした感触のものから先に使い、最後に粘度の高いものを使用

しましょう。

そうすると、すべての美容液を効果的に浸透させることができます。
気をつけたい「間違った美容液の使い方」
乾いたお肌にそのまま塗りこむ
お肌が乾いている状態だと、いくら美容液を塗りこんでも浸透しません。

重要なのは、角質のバリアをも突破させて美容液を浸み込ませることです。

角質層の水分を増やしてお肌をやわらかくすれば、美容液の吸収はグ〜〜ンと上がります。

そのためにも、お風呂にはしっかりとつかり、化粧水は素早くたっぷりとしっかりと塗布しましょう。

このとき、バシバシとお肌を刺激すると、角質層が厚くなってしまうおそれがあるので気をつけて。
お肌が冷えた状態で塗りこむ
お肌が冷えて、温度が低い状態だと浸透しません。

温度の低いお肌だと、血行が悪く、お肌の代謝も悪いので本来の効果が発揮できないかも知れません。

お風呂にしっかりとつかったり、蒸しタオルを使ったりして、お肌の温度を上げて浸透させましょう。
お肌が荒れた状態で塗りこむ
お肌が荒れている状態では、ただお肌の負担になってしまいます。

まずは、美容液を使う前に、荒れたお肌を修復するためにシンプルなケアを心がけましょう。

 

<主な成分とその働き>

・水溶性コラーゲン ハリ・弾力
・カンゾウ根エキス 美白・抗炎症
・グルタミン酸リシンNa 皮膚ダメージ改善

 


<全成分>

水、BG(保湿・抗菌)、ペンチレングリコール(保湿・抗菌)、水溶性コラーゲン、カンゾウ根エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、グリチルリチン酸2K(抗炎症・抗アレルギー)、キサンタンガム(保湿)、クエン酸(収斂・酸化防止)、クエン酸Na(収斂・酸化防止)メチルパラベンNa(防腐)

 


  ホーム     エステケア     ホームケア     お肌について     店舗情報     会社概要     加盟店募集  
Copyright(c)2017 ハビーナ美肌CLUB, All rights reserved.